FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非実在規制、遂に都議会再提出へ!

2010年11月17日 23:26

アニマリアン繁殖大計画発売中です!
DLsite.com
DMM同人
とらのあなダウンロードストア
DL.Getchu.com

今回、修正は何処でも同じです。




http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101116-OYT1T00091.htm

都の漫画規制条例、修正案を再提出へ

 子どものキャラクターによる露骨な性行為を描写した漫画やアニメの販売・レンタルを規制する東京都青少年健全育成条例の改正案について、東京都は15日、文言を修正の上、今月末開会予定の都議会に再提出する方針を固めた。

 これまで反対していた民主党も修正内容に同意するとみられ、条例改正の公算が大きくなった。

 今年3月に提出され、6月に否決された改正案は、漫画などの登場人物で「18歳未満として表現されていると認識される」ものを「非実在青少年」と定義。それに対する強姦(ごうかん)など反社会的な性描写の作品を「不健全図書」に指定し、子どもへの販売や閲覧を制限する内容だった。

 再提出案では、定義があいまいで過度な規制につながる恐れがあると指摘された「非実在青少年」との文言を削除、「18歳未満」とした、規制対象のキャラクターについても具体的な言及を避けた。

読売新聞


来た。遂に来ましたよ。

しかも読売さん、改正案も出ていない内に都議会民主党が同意の公算大とか飛ばしてますな。
出されていない改正案にどうやって同意するのか、じっくり聞かせていただきたい。



さて、既に前段階での動きはありました。

まず日本ユニセフが児ポ改正に伴い、この都条例改正にも賛成しようと学校や労働組合に署名を大量配布。

そして前回も活発に動いていた都小Pは自身の発行する新聞でこのようなものを。
http://staging.ptatokyo.com/document/ptatokyo201011.pdf


更には都小Pの新谷珠恵会長のインタビューを載せたASCII.のネット記事が、何故か掲載された数日後に削除され、再掲載された記事も一瞬で削除。
その記事、私は保存しておきましたので以下にコピペ。


sintani


都小P 新谷珠恵会長に聞く、都条例改正を推進する理由

2010年11月12日公開 文● 高橋暁子

 現実には存在しない“キャラクター”を規制する。

 このいわゆる非実在青少年をめぐる騒ぎは、皆さんも記憶に新しいでしょう。ネット界隈を中心に反対意見が巻き起こった東京都青少年健全育成条例の改正は、6月の議会で民主党など都政野党の反対で否決されました。

 これを受けて石原都知事は、「子供たちは、インターネット上に氾濫する有害な情報や悪質な性行為を描いた漫画等を容易に手にすることができる現況にあり、これを放置すべきでないことは誰の目にも明らか」と述べ、9月の再提出は見送られたものの、早期に改正案を議会に提案したいとしています。

 その再提出の時期は、今年12月と目されています。

 そこで再提出のタイミングに合わせて、今回から数回にわたって再び規制の是非を問いたいと思います。

 まず最初は、改正問題を審議した第28期東京都青少年問題協議会のメンバーである、社団法人東京都小学校PTA協議会会長の新谷珠恵氏に、非実在青少年が規制の対象となった理由、否決になった訳、改正に向けた今後の動きまでを語っていただきます。

 取材当日、東京都小学校PTA協議会(都小P)の事務所に通されると、付箋がたくさん貼られた漫画が並べられました。子どもを対象とした過激な性的シーンは、「教室」「体育館」「制服」などと書かれた付箋がびっしりと付けられていました。

 インタビューの最中には、新谷氏が「これを子どもに見せたいですか、見せられますか!」と激昂しながら本を叩くシーンが見られました。

子どもを対象としたエロ漫画が規制なしで読まれている現状


都小P 新谷会長「お見せしたのは子どもを対象としたひどいエロ漫画ばかりで、近親相姦、レイプ、陵辱が“愛”とされ、子どもがそういうものを喜んで受け入れる様が描かれています。

 乱交、輪姦、生徒会室でパパやお兄さんお姉さんと性交するとか、おかしい漫画ばかりです。

 今は、子どもを性の対象としたそのような漫画を、子ども自身が規制なしで読める状態となっています。小学生でも手に取れる状態であり、実際に家にあった例もあります。

 こんな悪書が、普通の書店やコンビニでも売られているのです。不健全図書の委員に聞くと、近所で売られているのを見つけたと言いますし、それを子どもが手にとって見ていたそうです。コンビニは中身を見ずに外側だけで判断するので、表紙がきちんとしていたら売られてしまうのです。

 書店では、児童ポルノ的な内容の同人誌が売られています。本屋でバイトしている学生に聞いたのですが、夏休みにマスクしてサングラスをかけた小学生が来たので、『これはエロ本を買いに来たな』と思ったのだそうです。

 成人指定のものを持ってきたら年齢を聞こうと思っていたところ、持ってきたのは子どもを対象としたエロ漫画でした。注意しようと思ってその本を確認したところ、成人指定になっていなかったので売ったけれど、内容はとても過激で、正直複雑だったと言います」

親は二次元児童ポルノ漫画に存在してほしくない

都小P 新谷会長「こうした漫画では、レイプや陵辱された小中学生が涙を流して喜んでいます。けれど実際にそういうことがあったら、心と体の傷でその子は立ち直れなくなります。そんな現状を見ている私たちにとって、このように描かれることは理解できません。

 いたずらや声かけ事例は毎日たくさん起きており、そのうち警察に届けるのはかなりひどい被害だけで、届け出られない盗撮や声かけ、SNSやデコメサイトで呼び出される話は後を絶ちません。

 親は子どもに健全に育ってほしいと願っているし、そのためには子どもを対象としたエロ漫画はあってほしくありません。その上、今回の例は商品です。子どもを食い物にするな、商売にするなと言いたいのです。私が望んでいるのは、そういうものが子どもにも売れる現状を何とかしたいというだけなんです」

「非実在青少年」が問題である理由

問題ありと判断された漫画には、「中学生」「姉弟」「校内」などシチュエーションを書き込んだシールや付箋が貼られていた

都小P 新谷会長「『児童ポルノは被害者がいるから問題だけれど、非実在青少年は被害者がいないので問題ではない』という論調があります。

 しかし、『二次元だから性的に貶めてもいい』というのは、子どもの尊厳と権利が侵害されていることになると思うのです。

 漫画自体を否定する気持ちはまったくなくて、うちの子どもも漫画をたくさん読んでいます。漫画から愛や勇気や友情を培うこともあるし、そういう漫画は人間性を豊かにします。写真よりも漫画のほうが子どもの心をとらえるし、そんな漫画の力を評価しています。

 だからこそ反面、悪い価値観も同様に漫画によって子どもの心に入り、傷や障害になると思うのです。

 幼い頃には、純粋な親子愛、友達関係、信頼、善悪など、モラルの基礎を経験して、人格を育てていくものです。小学生や中学生には、まず良い価値観や愛の本質を教えてあげたいと思います。そして、その後に色々なものを見て広げていってほしいと思うのです。

 そのために、二次元児童ポルノ漫画は成人指定にして棚を移すことを望んでいます。

 大人同士のエロマンガは既に規制されて棚を移されています。大人同士は対象なのに、子ども同士は対象にならないのはおかしいのではないでしょうか。そういう本を子どもが買えないようにしてほしいと願うのは、親にとっては当たり前のことだと思うのです。そちらのほうが影響が大きいし、モラル的にも許されないのではないでしょうか」

ネットで叩かれていることについて

都小P 新谷会長「ネットは見ているので、反対意見があることも、叩かれていることも知っています。『ネットの世界は怖いね』と言い合っています。『ネットで叩かれちゃって』とお茶の水女子大の坂元章教授に言ったら、『ネットで叩かれるということは表の世界ではヒーローだよ、表の議論が自分たちを潰しそうで怖いから叩くんだよ』と。

 私たちを叩いている人たちはネットの中だけで暮らしており、発言の場がネットにしかない人と捉えています。表の世界とネットは乖離しているのを感じますね。

 『自分もPTA』という人からの反論もありますが、ある程度の年齢の大人はみんな保護者なので、色々な人がいるなと思うだけです。私たちが言うPTAは、子どもの健全な成長を考えている親であり、それが私たちなのです」

「お茶の水女子大の坂元章教授からは『ネットで叩かれるということは表の世界ではヒーローだ』と言われました」(都小P 新谷会長)

守るものを守った上での自由

都小P 新谷会長「ネットの意見に対して反論もありますよ。

 『規制は憲法違反』と言う人には、なぜ憲法で規制できないのかと言いたいです。社会を良くする責任や義務を果たした上での自由だと思うのです。そうでなくて、大人たちの自由だけを大切にしていたら、社会を担保できないでしょう。他人の権利や尊厳を傷つけないことが基本であり、自由は守るべきものを守った上で謳歌すべきです。

 『表現の自由が侵される』という人もいますが、憲法は表現の自由だけでなく人権も尊重しています。自由がすべてなのはおかしいし、欧米でも自由が絶対ではなく、自由の裏には責任と義務があります。

 私は米国に住んでいたし子どもも留学させていますが、ただ自由なのではなくきっちりルールを守った上での自由であり、ルールを守らないと権利を剥奪されてしまいます。大人の勝手を通すと、子どもの人権や尊厳を損なう危険性があります。リスクがある以上、子どもにマイナスなものは規制すべきだと思うのです」
『データはあるのか』と言われること自体ありえない

都小P 新谷会長「幼い頃から二次元児童ポルノ漫画に触れることで、子どもの発達は歪んでしまいます。

 こういうことを言うと、『エロ漫画が子どもに悪影響を与えるというデータはあるのか』と言う人もいるでしょう。ですが、『エロ漫画を見たら健全な発達に(良い)影響が出た』というデータがこれまであったでしょうか

 子どもは日々色々学んで生きていくので、数式的な答えはありません。心理学者の先生に聞いたのですが、『学術的なデータは無理』と言われてしまいました。逆に、『影響しない』という論もあるくらいです。

 でも、私たち親の感覚では、『データはあるのか』と言われること自体がありえないですね。素直な親の感覚として、こういうものが規制なしで存在すること自体が問題なのであり、例えデータがなくても子どもを守るために読ませたくないという気持ちです。

 子どものことを考えてないから二次元児童ポルノを喜べるのだし、そういうことを言う人は子どもを守ろうという感覚がないのかなと思ってしまいます。こういうことを言うと、また大騒ぎになって炎上してしまうかなと思いますが(笑)」

児童ポルノ漫画は喜ばしくないという感覚こそが社会の代表意見になるべき

「(二次元児童ポルノ漫画を)作らない売らない社会のシステムや、法律での規制が必要」と語る、都小Pの新谷会長

都小P 新谷会長「実際、『漫画を見たら面白そうだったからやってみた』『彼が、愛があったらこうするものだと、エッチな漫画を見せてきた』などという事例が耳に入っています。

 警察の方が研修で話していたことですが、子どもに性的いたずらをする人を捕まえたら、高校生だったという例もあります。

 『ただの事例だろう』と言われてしまいそうですが、1つでも2つでも事例があるならリスクマネジメントすべきではないでしょうか。

 影響を受ける子が何百万人になったら規制するのでは、手遅れになってしまいます。日本全体でリスクマネジメントしませんかと提案しているのです。

 私たちのように二次元児童ポルノ漫画はおかしいという感覚、子どもは守られるべきものという感覚と、そういうものがあってもいいという感覚の、どちらが社会全体の感覚なのでしょうか。

 これをいいと思う大人ばかりなら仕方がないですが、一部の強い声が全体を支配し、守られるべきものが守られないなら、社会は歪んでいるとしか言えません。これは喜ばしくないという感覚こそが社会の代表意見になるべきであり、民意が生かされるべきではないでしょうか。

 『親が買うなと言えばいい』『隠すような教育をすることがいけない』という意見もあります。ですが、子どもは本当にバカで未熟なのです。

 特に東京では、家庭の教育だけでは無理です。家庭だけでなく学校でも教育してもらいたいし、地域の目や企業も大切です。そういうものは作らない売らない社会のシステムや、法律での規制が必要です。他の国のように、子どもは日本の将来の人材と思ってもらいたいし、本気で子どもへの影響を考えてほしいのです」

                         ◆

 後編では、第28期東京都青少年問題協議会のこと、非実在青少年が規制対象となった訳、廃案になった理由、再提出で成立させるために行なっていることまでを語っていただきます。


以上コピペ。



かなり突っ込み甲斐のある記事なんですが、なんで削除されたのか。
まあ、なんとなく判りますよね。


ともかく敵はもう、躊躇なくあらゆる事をやっているという事。そして我々に出来るのは正攻法のみ。

前回反対してくれた都議会民主党、都議会日本共産党、東京・生活者ネットワーク、福士都議への陳情でしょう。
同じ事かもしれませんが、結局これが唯一であり最善の方法。


皆さん一人一人のお力を、また一度お貸しいただけますよう宜しくお願いいたします。

こちらに陳情先がまとめてありますので、参考にしてください。




pixivはこちら

ランキングに参戦してます。宜しければ下のバナー、クリックのご協力お願いします。

萌駅リンク

エロCGサーチ




東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト

宜しければ拍手をクリック
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!


コメント

  1. ハインリッヒ | URL | fDR3.zfM

    Re: 非実在規制、遂に都議会再提出へ!

    どうも、御久し振りです。

    さて、例の記事についてですが昨日、東京都の青少年課に電話をしまして、特に、これについての質問をしまして、あそこの人は「まだ、決めていないのですが…」という返事をしていましたので俺は「読売の方で出ていたので分からないは無いでしょう? あと、あんた達の御友達の新谷さんは佐藤優みたいな事をしているそうですね。 あんな気違いの人との御友達は止めた方が、あなた方の為ですが…」という怒りの言葉を言いまして、あそこの人は「何時も、青少年課に何回も意見とかを出しているそうで今日は読売さんの記事の事での御叱りの声をして頂いて、有難う御座います。 あと、新谷さんについてですがけして、私達のお友達という関係では無いので色々と誤解が有った事は本当にすいませんでした。」という返事をしていたので本当に青少年課の人間はアホ馬鹿な人間しかいないのかなと思うものです。 あと、ふじもんさんと同じ、都議会民主党さんの所に例のゲームやアニメや漫画の文化弾圧条例法に大反対の声の手紙を送りたいと思うので、ふじもんさんも俺と同じ、そういう行動を開始しているのかなと思うものです。
    他には、昔、コミケが一度だけ、千葉で開催されていたそうですが、当時の反オタク主義者共の攻撃で今の有明での開催なったので、又、昔の悲劇が起きるのかなと、コミケを守る運動もすべきかと思うものです。 

    追伸
    あの新谷のアホ馬鹿な発言は誰が見ても人を馬鹿にしたものなので本当に新谷を始めとする反オタク主義者の人間は、アホ馬鹿な人間だなと思うものです。

  2. ふじもん | URL | -

    Re: 非実在規制、遂に都議会再提出へ!

    >ハインリッヒさん

    いつもありがとうございます、ふじもんです。

    早速の行動、ありがとうございます!
    都条例改正案、肝心の条文が公表されていないのですが、一部文言を変えただけで内容は大差ないようです。
    「非実在」を18歳に変えるなど、全く意味がない。
    東京都は完全に我々を、なめてかかっていますね。

    都小Pの新谷会長、もうなんて言えばいいのか、子どもを口実にして自分だけの理想社会を作ろうと言うか、その横暴に恐怖さえ感じてしまいます。
    こういった人物を野放しにしておく方がよほど、社会にとって危険だと思わざるを得ません。

    私もまずはメールで、条文が出たら手紙で各議員に陳情をしようと考えております。
    本当は直接陳情に行きたいのですが、仕事の関係上、どうしても出来そうにありませんので。

    とにかく各人がやれる事をやる、これしかありませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。